*パソコンパーツは規格が合わないと動作しません入手の際はご注意下さい。


重要:パソコンパーツの交換・増設はパソコンメーカーの保証の対象外になる場合がありますので、実行する際は必ずパソコンメーカーの保証書の内容をご確認下さい。


またパーツの交換・増設作業において取り外し・取り付け作業の失敗、動作不良、破損については筆者はその責を負いません。交換・増設は全て自己責任において行なってください。

CPUクーラーの取り付けとメモリの取り付け

必見 組み立ての裏技 パソコンの組み立て作業がしやすく楽で安心・確実な作業方法や最適な補助部品

@ CPUクーラーに新しい熱伝導シートを
貼り付ける
@ CPUクーラーに新しい熱伝導シートを

クーラーの古い熱伝導シートをきれいに
取り除いたら、新しい熱伝導シートを
貼り付けるシートとクーラーの間に空気が
入らないよう、慎重に貼り付ける。
ACPUクーラーをボードに取り付ける
ACPUクーラーをボードに取り付ける

各ファスナー(4つある固定レバー)
をボードの穴に差し込む。
このクーラーは使用していたパーツなので
割ピンの先端(赤円内の白いプラスチック部分)
が外側へ開いているので先端を内側に絞る
などして修正しながら差し込む。
Bボードの裏側 1
Bボードの裏側 1

この状態はまだ割ピンの黒い芯の部分
の出方が不十分。
Cボードの裏側 2
Cボードの裏側 2

割ピンの黒い芯の部分がこの位でれば OK。
チェックポイント:固定レバーをあまり強く押し込
むと破損するおそれがあるので、加減しながら
押しこんで下さい。確実に入ると「カチッ」と音が
します。
Dボードの裏側 3
Dボードの裏側 3

各ファスナー(4つある固定レバー)全部
を確認してクーラーの取り付け完了。
Eクーラー取り付け確認
Eクーラー取り付け確認

各ファスナー(4つある固定レバー)全部が頭部にある溝の細い方が外側に向いていることを確認する。
Fクーラー取り付け確認2
Fクーラー取り付け確認2

クーラーを手で少しゆすってみてガタ
ついたり固定レバーが抜けたりしないか
確認する。


熱伝導シートとシリコングリスについて
CPUに同梱されている純正CPUクーラーなどのヒートシンク
には通常、熱伝導シート(黒/グレー/白など)が貼り付け
てあります。ビニールの保護カバーが貼り付けてあります
ので、これを剥がします(剥がさないで装着すると排熱が
できずCPUが破損する場合があります)。
一方で、市販のCPUクーラーなど、ヒートシンクに熱伝導
シートが張られていないものもあります。このときはCPUと
CPUクーラーのヒートシンクの「隙間」をなくすためにシリコン
グリスというクリームのようなものを塗ります。
「CPUとヒートシンクの隙間をなく密着させること」が目的です
ので、適量を満遍なく薄く塗ります。塗る量は「多すぎず少な
すぎず」が肝心です。
※熱伝導シートが貼られている場合は絶対にシリコングリス
を塗らないでください。また、シートが剥離するおそれがあり
ますので、シートを下側にして置いたり、触ったりしないように
してください。また、中古品のCPUクーラーを使用する場合、
熱伝導シートが貼られていてもはがれている部分があること
があります。こうなりますと「密着」できなくなりますので、
熱伝導シートをきれいに剥がし、シリコングリスを塗ってください。
私の場合はグリスではなくシートを使用しています。

Gメモリの取り付け
Gメモリの取り付け

メモリスロットの両端にある白いレバー
を外側に倒してロックを解除します。
メモリを差し込むと自動で起き上がって
くるので取り付けの目安になります。
Hソケットとメモリ上の切り欠きの位置
Hソケットとメモリ上の切り欠きの位置

ソケットとメモリ上の切り欠きの位置を良く
確かめてからスロットに垂直に差し込みます。
I両手で確実に
I両手で確実に

メモリソケットはかなり硬い場合がある
ので両手で確実に作業しましょう。
但し過度に荷重をかけて破損しないように
慎重に作業しましょう。
J2枚取り付けて完了
J2枚取り付けて完了

メモリスロットの両端にある白いレバーが
完全に起き上がっているかを確認する。

次へ


 


次へ

ホームへ