メモリ メモリー メモリ増設 メモリー増設 cpu cpu交換 cpuの交換 ハードディスクの交換

重要:CPUは規格が対応していないとと動作しません。
CPU交換のメリットは  @ 処理速度の向上
A 消費電力を下げられるCPUもある
B 起動とシャットダウンも速くなるCPUもある

PentiumDシリーズとCore i シリーズの処理能力・消費電力を比較


処理能力のイメージ
PentiumDシリーズ

遅い PentiumDシリーズ

遅い
Core i シリーズ


速い Core 2 Duoシリーズ

速い



消費電力のイメージ

PentiumDシリーズ

大飯ぐらいの PentiumDシリーズ


大飯ぐらい
Core i シリーズ

小食の Intel Core 2 Duo

少食




注目点 最新情報
最近のIntel CPU の主流は Core 2 Duoシリーズから Core i シリーズに移行しています。
Core i3・i5・i7シリーズ(一部例外)は Pentium Dシリーズの95W/130Wより大幅に低消費電力化を実現。処理性能においてもPentium Dより高性能です。

CPUの交換(換装)条件

必須確認事項:マザーボードが対応しているCPUを選ぶこと
マザーボードのメーカーHPでCPU対応を確認してください。(確認してから購入)
CPU交換はマザーボードの「ソケット」「チップセット」「BIOS」の3つがすべて完全対応していなければ、正常に動作しません。購入しても使用できません、無駄になります。

マザーボードの「ソケット」「チップセット」「BIOS」が不明な場合は、マザーボードとそのマザーボードに対応するCPUをセットで同時購入し同時交換されたほうが、安全・安心・確実です
また、メーカー製PCのCPU交換は、保証・修理の対象外になる場合が多々あるので、実行しないのが懸命です。どうしても交換が必要な場合は保証は諦めてCPU・マザーボードとセットで交換する方法しかないようです。

そしてもうひとつ確実な方法「商品相性保証」という有償のサポートシステムを利用し、CPU購入時に相性保証も同時申込をする。この場合万が一相性不一致の時は対応してもらえます。

パーツ交換保証






CPU交換のメリットは何か?詳細はこちら

CPUの交換は初心者でもできます 

交換費用は1万円台から 作業時間は2時間〜4時間ぐらい

わかりやすいCPUの交換方法

ワンランク上の改良をとお思いの方

パソコン自作改良グレードアップやってみよう

 使用者自身が使いやすい自分専用のパソコンは自作組立パソコンで



パソコン性能アップのポイント


パソコンは複数パーツの組み合わせで構成されています

パソコンの性能アップを図るには単体パーツのみ性能アップでは期待どうりの成果が出なく,より効果を上げるには単体パーツの交換だけではなくCPU・メモリ・ハードディスクの同時増設・交換によって効果的なパソコンの性能アップができます。但し全てマザーボードの規格対応が必要。


パソコンのスペックアップに最適・パーツの交換は簡単にできます

ネットショップ購入に不安な方へ

最近パソコンの起動が遅い、作業処理が遅いなどストレスが多くなってきたとお思いの方でパソコンを買い換えるにはチョッと迷っている方、何か簡単にパソコンのスペックアップする方法は・・・

そこで 費用最小 →効果最大・・・のパーツの増設・交換をやってみよう。

メモリー増設 DDR2 1GBで2000円〜3000円位の費用にてスペックアップ

初めての方にもやさしく・簡単でわかりやすいサイト  メモリー増設がなぜ必要なのか

必見 組み立ての裏技 パソコンの組み立て作業がしやすく楽で安心そして確実な作業方法や最適な補助部品


パーツ交換で困ったとき時・・・動作しない・動作が異常・などのトラブルが起きた時は
パーツの説明書 や取り付け方法 を見直し間違い無いか確認する。
購入ショップ・パーツメーカーなどの、サポートセンターへメールや電話で問い合わせる。

筆者の経験例
パーツを交換したらパソコンが勝手にリセット(再起動)を繰り返す等の症状が出た・・・

マザーボードCPU 同時交換時にパソコンが勝手にリセット(再起動)を繰り返す等の症状が出ました。対処方法を購入ショップに問い合わせて対処方法いろいろ試してみましたが、改善しませんでした。そこでもう一度リセット(再起動)する時の状態をよく観察していたらリセット(再起動)する瞬間に何か「カチツ」というリレーが動作する様な音だしたので、もしかすると電源の容量(出力)不足なのかなと思い、他の電源と交換してみました。すると思っていた通り、リセット(再起動)しなくなり改善しました、リセット(再起動)の原因は電源の容量不足でした。
このようのにパーツその物の異常ではなく他のパーツとの組み合わせや他のパーツの能力によるトラブルが起きる場合も有ります。

またパソコンパーツはパーツの組み合わせによる相性が原因で正常に動作しない場合も有ります。
有償ですが相性保証の制度も有ります。もしもの時に安心のシステムです、相性問題で心配な方は是非ご利用してください

お手軽で効果抜群のパソコン性能アップ最新情報 ・・・SSD



メモリー増設のメリットは何か?  CPU交換のメリットは何か?  すぐにパワーアップを始めたい方


使用者自身が使いやすい自分専用のパソコンは自作組立パソコンで

パソコン自作改良グレードアップやってみよう

*パソコンパーツは規格が合わないと動作しません入手の際はご注意下さい。

メモリー増設

簡単に出来、効果が大きい
メモリー増設


メモリー増設のメリットその1

処理速度向上例

増設前      

処理速度遅い

増設後↓↓↓ 

処理速度早い
      起動速度の向上

 メモリー増設

メモリー増設


メモリー増設のメリットその2


ウィンドウの複数立ち上げ例


ウィンドウの複数立ち上げ例




ネットショップ購入に不安な方へ

サポート万全のパーツショップは・・・

ひと目でわかる超簡単なpcケースの内部

わかりやすい各パーツの役割

メモリーの役割とは・・・

メモリー増設のメリットは何か?

メモリーの種類はどの位・・・

簡単に出来、効果が大きい メモリー増設

メモリの取り付け方詳細

超激安メモリー特集!

CPUの種類はどの位?

CPUの取り外し方

わかりやすいCPUの交換方法

CPUの取り付け方詳細

PentiumDとCore2の比較


ハードディスクを増設すると・・・

パソコンの性能はどの位必要か?・・・

自分に合ったパソコンの選び方

組み立ての裏技

メール



使って便利なパソコンパーツ

価格別 激安中古パソコン

マザーボード交換やってみよう





サポートセンター

パーツが破損

接続は向きを確認

静電気

破損し易い部品

パソコンケースは鋭利な金属製

デジカメなどで記録

スペースを確保

保証の対象外

必要な道具

ケースを開ける

保証書



メモリー増設

規格が合わないと

メモリの種類の代表例

DDR2

メモリ容量

1GB

512MB

256MB

少額の投資

ウィンドウの複数立ち上げ

起動速度の向上


ヒートシンク

シリコングリス

中古品のCPUクーラー

熱伝導シート

PentiumD

Core 2 Duo

消費電力

処理性能

FSB

Socket形状

パソコンの起動と処理速度を早くするには


取扱品豊富しかも格安のネットショップは・・・

ソフマップ・ドットコム

メールはこちらへ


少ない予算で快適動作のパソコンに


簡単自作パソコン組立方法

マザーボード交換やってみよう

高性能パソコンを安く買うには


1万円台中古パソコン





メモリ メモリー メモリ増設 メモリー増設 cpu cpu交換 cpuの交換 ハードディスクの交換

CPU 交換 メモリー 増設 やってみよう          

パソコンのパーツ交換 (メモリー増設 CPU交換ハードディスク増設) が 初めての方にもやさしく・簡単でわかりやすいサイト

必要な道具
標準的なプラスドライバ(マイナスドライバもあれば便
利です)
   ケースを開ける時必要  
ピンセットケース中にネジが落ちて指で取れな
い時にあると便利です)
    有ると便利無くても可

   すぐにパワーアップを始めたい方はこちら↓↓↓

作業を始める前に

重要:パソコンパーツの交換・増設はパソコンメーカーの保証の対象外になる場合がありますので、実行する際は必ずパソコンメーカーの保証書の内容をご確認下さい。

 取り外したネジや小さなパーツ類などを紛失せぬよう充分なスペースを確保してから、作業しましょう。

 ケースを開けてパーツ類を取り外す前にパーツとケーブルがどこに接続されているのかを良く確認する、できればメモ又はデジカメなどで記録しておくと後で新パーツを取り付ける際に便利です(本当に必要です)。

 パソコンケースやパソコンパーツ類は鋭利な金属製なので作業中に指などをケガしないように、充分注意しましょう。

 パソコンパーツはそれ程頑丈では無く、破損し易い部品が多いので取扱は慎重に行ってください。

 パソコンパーツは静電気に弱く破損し易いので取扱前に、ケースなどの金属部分に触り静電気を体から逃がしましょう。

 パーツの取付・接続は向きを確認し取付出来にくい時はもう一度向きが合っているかを再確認し、絶対無理に力を加えて接続しようとしないことパーツが破損します

 パーツ添付のマニュアルや説明書を良く読んでから実行しましょう。説明書などを読まずにあわてて作業すると失敗することがあります。

・ 取付が完了し通電後もしも異臭や発煙が有る場合すぐに電源を切りプラグはコンセントから抜いてください、またパーツから熱が発生して火傷などの危険が有るので充分注意してください。そしてその後パーツのサポートセンターなどへご連絡してください

 またパーツの交換・増設作業において取り外し・取り付け作業の失敗、動作不良、破損については筆者はその責を負いません。交換・増設は全て自己責任において行なってください。




初心者・増設未経験者にも簡単に出来て、効果が大きい
 費用と作業時間があまり掛からない、まずはメモリー増設から始めましょう。
メモリ メモリー メモリ増設 メモリー増設 cpu cpu交換 cpuの交換 ハードディスクの交換
メモリー増設作業

交換費用は2000円〜3000円くらい

    作業時間は30分〜1時間ぐらい


交換用メモリはこちらへ




メモリー増設のメリットは何か

・複数のアプリケーションの同時作業がしやすい ・大きなサイズの画像や音楽など、を扱うときに作業が高速になる ・写真加工、Movie編集などの負荷の大きい処理に効果大
起動速度の向上 ・ウィンドウの複数立ち上げ可能 ・ソフトの起動速度がはやくなる  など少額の投資でメリットがいっぱいあります。

重要:メモリーは規格が合わないと動作しません。

パソコンごとに搭載できるメモリーの最大容量の制限があります。

自分のパソコンのメモリ容量を調べるには、こちらです

Windows を快適に使うには2GBを推奨。

簡単に出来、効果が大きい メモリー増設 

モリー の詳細な取り付け方はこちらです

メモリは以前から見るとかなり格安になっています


現在使用されているメモリの種類の代表例には、DDR2 SDRAM とDDR SDRAMがあります。この両者に互換性はなく、使用するマザーボードに対応した種類のメモリを使用します。

現在の主流はDDR2SDRAMメモリですが、DDR SDRAMも使用されています。メモリにはメモリスロット(マザーボード上のメモリ取り付け部分)への接続部に切れ込みが入れてありますが、DDR SDRAMと、DDR2では切れ込みの形が異なるため、間違えて挿してしまうことはありません

尚この他にもいろいろ種類があります、入手時にはご注意下さい。



メモリのグレードアップをマスターされた方、次はCPUのグレードアップに挑戦!

画像編集や動画編集・再生などの作業をされる方は是非CPU交換をご検討・・・
メモリ メモリー メモリ増設 メモリー増設 cpu cpu交換 cpuの交換 ハードディスクの交換
 CPU交換作業

交換費用は1万円台から 

             作業時間は2時間〜4時間ぐらい


交換用 Intel CPU はこちらへ

交換用 AMD CPU はこちらへ



重要:CPUは規格が対応していないとと動作しません。

重要:パソコンパーツの交換・増設はパソコンメーカーの保証の対象外になる場合がありますので、実行する際は必ずパソコンメーカーの保証書の内容をご確認下さい。


CPU交換のメリットは何か?
処理性能:旧シリーズのPentiumDシリーズ比べて、Core 2 Duoシリーズは性能が改善により約40%アップ
消費電力:旧シリーズのPentiumDシリーズは消費電力がとても多かったですが、Core 2 Duoで新たに搭載されて省電力機能により約30%〜40%の消費電力のカットが出来ています。

わかりやすいCPUの交換方法


CPUの取り付け方
CPUの取り付け方

CPUの取り外し方はこちら

注目点 最新情報    
最近のIntel CPU の主流は Core 2 Duoシリーズから Core i シリーズに移行しています。
Core i3・i5・i7シリーズ(一部例外)は Pentium Dシリーズの95W/130Wより大幅に低消費電力化を実現。処理性能においてもPentium Dより高性能です。


重要確認事項

熱伝導シートとシリコングリス について
CPUに同梱されている純正CPUクーラーなどのヒートシンクには通常、 熱伝導シート(黒/グレー/白など)が貼り付けてあります。ビニールの保護カバーが貼り付けてありますので、これを剥がします(剥がさないで装着すると排熱ができずCPUが破損する場合があります)。一方で、市販のCPUクーラーなど、ヒートシンクに熱伝導シートが張られていないものもあります。このときはCPUとCPUクーラーのヒートシンクの「隙間」をなくすためにシリコングリスというクリームのようなものを塗ります。「CPUとヒートシンクの隙間をなく密着させること」が目的ですので、適量を満遍なく薄く塗ります。塗る量は「多すぎず少なすぎず」が肝心です。

※熱伝導シートが貼られている場合は絶対にシリコングリスを塗らないでください。また、シートが剥離するおそれがありますので、シートを下側にして置いたり、触ったりしないようにしてください。

また、中古品のCPUクーラーを使用する場合、熱伝導シートが貼られていてもはがれている部分があることがあります。こうなりますと「密着」できなくなりますので、熱伝導シートをきれいに剥がし、シリコングリスを塗ってください。


マザーボード交換やってみよう  


メモリ メモリー メモリ増設 メモリー増設 cpu cpu交換 cpuの交換 ハードディスクの交換

じっくりパワーアップを検討してみたい方へ↓↓↓






このぺージの上部へ

次はワンランク上の改良へ