×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

組み立ての裏技

マザーボード上のフロントパネル用コネクタピン(LED・パワー・リセットスイッチなど)差込作業は場所が狭く非常に苦労します。

そこで簡単に差込作業をしやすくするには、ピン配列変換ケーブルを利用してはいかがでしょう。


マザーボード上のフロントパネル用コネクタの位置   拡大写真(撮影位置は反対方向からです)
  マザーボード上のフロントパネル用コネクタの位置      拡大写真(撮影位置は反対方向からです)

部品が小さく差し込み場所は狭く作業が非常にやりにくいです。
マザーボードをケースに取り付ける前に、この作業をしようとしてもケーブルが短くてコネクタに届かない場合があるので出来ない時
がある。

そこでマザーボードをケースに取り付ける前にピン配列変換ケーブル、などをコネクタに先に取付ておけば、差込作業は非常に短時間そして楽に出来ます。

                      変換ケーブル使用例
                                 変換ケーブル使用例



LGA775用CPUをマザーボードに取付ける時や交換などでCPUクーラーを取外した時、従来の標準のピン固定式(4つのプラスチックピン固定レバー)形式では取付後確実にできたのか不安だし、取付作業に時間が掛かる。もしも取付が確実でないと動作時にCPUの冷却が不十分のためにパソコンが異常停止することがあります。

従来の標準のピン固定式          従来の標準のピン固定式裏面 
従来の標準のピン固定      従来の標準のピン固定裏面


そこでスプリングとネジでバックプレートを確実に固定できる部品を使ってみましょう。


 

              バックプレート取付

 LGA775用バックプレート       バックプレート取付後のマザーボードの裏側

これで安心確実に固定



ホームへ